遺産相続の基礎知識を学んでみよう!

遺産相続の基礎知識を学ぶことの大切さ

MENU

 

人が亡くなるということは、いつかは必ず起こる事です。

 

亡くなった方に財産があってもなくても、残された家族はさまざまな手続きや行為を行わなくてはなりません。

 

通夜や葬儀といった故人を弔う儀式はもちろんですが、遺産や相続に関する手続きや精算など、やらなければならない事が山ほどあります。

 

そしてなんといっても故人の「死」を受け入れなければなりません。

 

身近な人が亡くなり、葬儀を行い、法事を行い、精神の疲れがピークに達する、そんななか相続問題が起こる…

 

考えただけでもゾッとしてしまいますが、このようにただでさえ疲れきっているなかでさらに相続問題まで発生してしまうことは決して珍しいことではありません。

 

ですが、故人の生前でも相続の対策をあらかじめ行っておくことは可能です。
相続に関する一連の流れを抑えていれば、いざ相続!となっても混乱せずにすみます。

 

相続だけでなく、人が亡くなった時にまず何をすればよいのか、通夜・葬式の準備の仕方、各種の手続きなどもしっかり知っておくようにしましょう。

 

できれば「やることリスト」をあらかじめ作成しておき、それをもとに行動するのが望ましいです。

 

生前から準備をするのはなんだか縁起が悪いなぁと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、何度も言うように、人が亡くなった時は本当にやることが「山積み」です!

 

事前に準備しておくに越したことはありませんし、なによりあなた自身がまいってしまいます。

 

このように、相続の準備は非常に大切なことです。
また、わからないことはあらかじめ専門家に遺産相続を行うことをオススメいたします。
まずは遺産に関する基礎知識をしっかり身につけ、きたる相続問題に備えましょう!

 

また、もしも故人の所有していたものを売却することになった場合、なるべく高く売りたいかと思います。

 

上手な車売却方法を学んで、ある程度売却のコツの知識を身につけてから車査定に出しましょう!

 

 

 

家族や親族が亡くなった時に、遺産相続することを遺産相続といいます。

 

遺産相続という言葉は、誰でも知っている言葉ですが、実際に自分の身に起きることとは、普段の生活の中では考えていらっしゃらないことと思います。

 

誰もが、自分の両親や家族が、いつかはいなくなってしまうとは考えたくないものですから、現実味のない言葉だと感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

 

その為、いざ、遺産相続ということが現実になった時になって、何から始めたらいいのかわからなくて、困惑してしまうという方が多くいらっしゃるのだと思います。

 

家族を亡くした悲しみの中で、通夜、葬式と、現実にしなくてはならないことに追われますので、そのような状況において、遺産相続の手続きのことを調べるのはとても大変です。

 

あらかじめ、ある程度の知識を得ておき、いざという時には、どのような専門家に相談したら良いのかということも知っておくと、安心です。

 

また、あらかじめ兄弟姉妹など、相続の権利のある人たちの意思の疎通ができていると、トラブルを避けることができますので、いざという時に備えて、話し合っておくことも大事です。

 

遺産相続の手続きを始めるにあたって、始めにしなければならないのは、相続人の確定です。

 

民法で定められている相続をする権利のある人を法定相続人といい、被相続人の配偶者、被相続人の子供、被相続人の子供、被相続人の両親、被相続人の祖父母、被相続人の兄弟姉妹、被相続人の兄弟姉妹の子供が、相続をする権利を持っています。

 

そして法定相続人には、順位があり、順位によって法定相続分の割合が違います。

 

相続で最も優先されるのは配偶者で、第一順位の法定相続人は直系卑属出る被相続人の子、孫、ひ孫です。

 

そして、家族の知らない法定相続人、例えば家族の知らないうちに縁組されていた養子、内縁の妻の子供、愛人の子供などがいた場合には、その人も、遺産分割の話し合いに加えなくてはなりませんので、法定相続人を全て明確にする必要があるのです。