負の遺産(借金・債務)があった時に相続しない方法

負の遺産があった場合はどうすればいいの?

MENU

負の遺産があった場合の遺産相続

 

相続は遺産の内容が、莫大な富であっても、負債であっても、被相続人が亡くなった時点で、自動的に開始されるものなので、負債が多く、自分の財産からその負債を返さなければなりません。
その様な事態を防ぐために、相続限定承認や相続放棄という方法が、民法では認められていて、相続が開始してから3か月以内に裁判所に手続きの申請をすると、負の遺産を受け継ぐことを避けされます。

 

相続限定承認とは、遺産のうちの債務を、相続した遺産の中から返済する方法です。
債務よりも、遺産の方が多かった場合には、弁済後に残った資産は、遺産として相続することができます。
そして、遺産だけでは債務が弁済できない場合でも、相続人に、足りなかった分の債務を弁済する義務は生じません。
遺産のうち、資産価値のあるものと、債務では、差し引きして、どちらが多いのが不明であるような場合には、この限定承認という制度が便利ですが、相続人全員が合意する必要がありますので、相続人が複数いる場合、個人の判断でこの制度を利用することはできません。
相続放棄とは、相続をすべて放棄することです。
従って、もし、債務よりも資産価値のある遺産の方が多くあった場合でも、相続放棄の手続きが完了した後には遺産は一切相続できませんし、相続放棄の撤回をすることもできません。

 

相続放棄は、相続限定承認と違い、個人で手続きの申請をすることができ、相続人全員の同意は必要ありません。
ただし、相続を放棄すると、他の相続人に、法定相続分に準じた割合で、相続が移っていきますので、多額の負債がある場合には、相続人全員が相続放棄をしないと、相続放棄をしなかった相続人が、すべての負債を背負い込むことになってしまいます。
相続限定承認、相続放棄の手続きは、被相続人が亡くなった時点から3か月以内に、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に、相続放棄の申述書、被相続人の住民票除票又は戸籍附票、申述人(放棄する方)の戸籍謄本などを添えて相続限定承認、または相続放棄の申し立てをします。