相続人の範囲や相続人になれる人物

相続人の範囲や相続人になれる人は決められているの?

MENU

相続人の範囲

相続人となれる者は法律によって定められています。
法律によって定められた、相続人になれる権利を有する人のことを「法定相続人」といいます。
法定相続人は、配偶者と親、兄弟姉妹などの一定の血族に限定されています。
遺言書によって法定相続人以外の者に遺産を譲ることが可能ですが、その場合相続ではなく「遺贈」と呼ばれます。

 

被相続人の夫や妻、つまり配偶者は常に相続人となります。
配偶者とは、正式に婚姻の届出を行った夫婦のことを指し、戸籍に入っていない内縁の夫や妻は、相続人にはなれません。
もし財産を残してあげたい場合は遺言書にて財産を遺贈する必要があります。

 

また、民法では血族相続人について優先順位を定めています。
上位の順位者がいる場合は下位の順位者には相続されず、異なる順位の者が同時に相続人になることもありません。

  • 第1順位…直系卑属(子)
  • 第2順位…直系尊属(親)
  • 第3順位…兄弟姉妹

つまり、被相続人に配偶者と子がいる場合は、親や兄弟姉妹は相続人とならず、遺産は配偶者と子で分けます。
なお、子や兄弟姉妹が相続人となる場合に、相続人となる者がすでに死亡している場合はそのさらに下の直系尊属に相続され、これを「代襲相続」といいます。
反面、子がおらずさらに親が既に死亡している場合は、その親である祖父母が相続人となります。