生命保険・死亡退職金は相続財産に含まれる?

生命保険・死亡退職金は相続財産なの?

MENU

生命保険・死亡退職金

生命保険の死亡保険金や死亡退職金などは相続財産に含まれるのでしょうか?
相続財産に含まれるのであれば、それは相続人全員の財産となりますので、遺産分割をおこなわなければなりません。

 

生命保険の場合、受取人が誰かによって取り扱いが違ってきます。

 

1.「特定の人」が保険金の受取人の場合

支払われる保険金はその特定人の“固有の財産”として扱われるため、相続財産には含まれず、遺産分割の対象とはなりません。

 

2.死亡保険金の受取人を「相続人」にしていた場合

支払われる保険金は受取人の固有の財産として扱われ、各相続人が各々保険会社に保険金を請求することができるため、相続財産に含まれません。
ただしその際、保険金を受け取るべき権利の割合は、法定相続分の割合となります。

 

3.「被相続人」自身が保険金の受取人の場合

被相続人(亡くなった人)が受取人の場合、その死亡保険金は被相続人の財産となるため、相続財産となります。
そのため、保険金を受け取るには遺産分割協議を行う必要があります。

 

 

 

また、死亡退職金も同じく受取人によって異なりますので注意が必要です。

 

1.受給者が法律又は会社規約によって定められている場合

受給権者の固有の財産となるため、遺産分割の対象になりません。

 

2.受給者が法律又は会社規約によって定められていない場合

死亡退職金が遺族の生活保障になると考えられるため、生計を共にしていた遺族の固有の権利となり、遺産分割の対象となりません。

 

 

このように生命保険金や死亡退職金は受け取る人が誰になるかによって扱い方が違ってきますので注意しましょう!

 

 

 

悪質な消費者金融にお金を借りている親族はいませんか?

 

遺された家族のための保険金も、悪質な消費者金融は全てを奪い取っていきます。
今現在、既に多額の借金をしている家族がいる場合は、その解決に協力してあげることをおすすめします。
あなたが残した財産も、返済にまわされるだけでは報われません。
特に注意していただきたいのが闇金の存在です。
彼らは悪質な取り立て行為をしますので、放っておくと葬儀にも取立てに来るかもしれません。
闇金でお困りなら、早急な解決が必要となります。