法定相続分とは?

法定相続分はどんな基準があるの?

MENU

法定相続分

法定相続分とは、民法で定められている相続分のことです。
被相続人が生前に遺言書などで相続分の指定を行わなかった場合に誰がどの割合で遺産を相続したらよいのかを決めています。

 

法定相続分は誰が相続するかによっても異なります。
まず配偶者は常に相続人となりますが、配偶者の他に誰が相続人になるかによって相続分が決まります。
その相続分は以下の通りです。

 

配偶者+直系卑属(子)の場合

配偶者    2分の1
直系尊属(子)2分の1

配偶者+直系尊属(親)の場合

配偶者    3分の2
直系尊属(親)3分の1

配偶者+兄弟姉妹の場合

配偶者    4分の3
兄弟姉妹   4分の1

 

【例】遺産の総額が2400万円の場合

 

1.配偶者と子が2人の場合
配偶者…2400万円×2分の1=1200万円
子…2400万円×4分の1=600万円(1人当たり)

 

2.配偶者と親(両親が健在の場合)
配偶者…2400万円×3分の2=1600万円
親…2400万円×6分の1=400万円(1人当たり)

 

3.配偶者と兄弟姉妹が2人の場合
配偶者…2400万円×4分の3=1800万円
兄弟姉妹…2400万円×8分の1=300万円(1人当たり)

 

同順位者が複数人いる場合はその法定相続分を人数で分けます。
例えば子供が3人の場合、法定相続分である2分の1を3人で分け合いますので、相続分は一人当たり6分の1ずつということになります。
ただし、これらはあくまで基準ですので相続人全員が合意すればこれに従う必要はありません。