遺産分割の法定相続分とは?

法定相続分における遺産分割の割合

MENU

遺産分割…法定相続分

 

被相続人が遺書を残していなかった場合や、相続人の間で遺産分割協議がまとまらなかった場合には、法定相続分に従って、遺産が分割されます。
法定相続分で、最も優先されるのは配偶者ですが、内縁関係の場合には、配偶者とは認められませんので、相続の権利はありません。

 

民法で定められている法定相続分の分割方法は、配偶者と被相続人の子である第一順位の法定相続人で遺産を分割する場合には、2分の1ずつ遺産を分割し、第一順位の法定相続人は、2分の1の遺産を第一順位の法定相続人の人数に合わせて均等に分割します。
被相続人の子には、実子だけではなく、養子、非嫡出子も含まれます。
また、第一順位の子がすでに亡くなっている場合には、第一順位の相続人の子(被相続人にとっての孫)、相続人の子もなくなっている場合には、ひ孫と無限に代襲されます。
実子、非嫡出子は、何人でも、法定相続人と認められますが、養子は2人まで、実子や非嫡出子がいる場合には一人だけが法定相続にとして認められます。
もし、第一順位の法定相続人がいなかった場合には、配偶者と第二順位の法定相続人が遺産を分割します。
第二順位の法定相続人は、被相続人の父母で、法定相続分は、配偶者が3分の2、法定相続人が3分の1という法定相続分で遺産を分割します。
被相続人の父母がなくなっている場合には、祖父母が第二順位の法となります。

 

さらに、第二順位の法定相続人もいない場合には、被相続人の兄弟姉妹と、兄弟姉妹の子である第三順位の法定相続人と、配偶者で、遺産が分割されます。
直系卑属である子、直系尊属である父母の場合には、孫、祖父母などに法定相続人の権利が移りますが、第三順位の法定相続人の権利は、被相続人の兄弟姉妹の子、被相続人にとっての甥や姪までしか代襲されません。
法定相続分は、配偶者が4分の3、第三順位の法定相続人が4分の1です。