遺産相続をするために必要な手続きと作業

遺産相続にはどんな手続きや作業が必要なの?

MENU

遺産相続の手続き

 

遺産の相続自体は、被相続人が亡くなった時から始まっていますが、手続きは相続人が始めなくては何も進みません。
なぜなら、相続人が一人ではない場合には、どのように分割するかということが確定しないと、遺産を相続することができないからです。

 

その為、まず遺産を相続する権利のある人を確定する作業をしなくてはなりません。
被相続人の残した土地や銀行の預貯金などの遺産を処分する際に、法定相続人すべてが合意したことを証明する為です。
家族の知らない相続の権利を持つ人がいるかもしれないので、被相続人の出生から亡くなった時までの連続した戸籍謄本が必要です。
改製原戸籍謄本、除籍謄本、全部(個人)事項証明書を被相続人の戸籍のあった市区町村の役場から取り寄せます。
改製原戸籍謄本とは、戸籍法の改正によって、改正される前のすべての記載事項が記載されている戸籍謄本のことです。
そして、被相続人と相続人の続柄を証明するために、相続人全員の戸籍謄本も取り寄せます。
これらの書類の取り寄せは非常に手間がかかりますので、すべて自分でするのが難しい場合には、専門家に依頼することもできます。
それと並行して、土地、家屋などの不動産、銀行の預貯金、株などの有価証券やゴルフの会員権、自動車、ヨット、宝石や貴金属類、絵画、骨とう品などの所有物といった遺産の価値を調べ、財産目録を作ります。

 

土地、家屋は、そのままでは分割することができないので、評価額を調べる必要があります。
土地の評価額は、路線価、又は固定資産税評価額で算出され、建物は固定資産税評価額で算出されます。
土地の評価額は、調べ方によって大きく変わりますので、専門家に調査してもらいましょう。
マンションの土地分は、マンション全体の評価額のうち、登記簿謄本に記載されている持ち分、建物は、固定資産税評価額で算出されます。
銀行の預貯金は、被相続人の預金通帳を銀行に提出し、預金残高証明書を発行してもらいます。
銀行の預貯金は、遺産相続の分割協議が終わるまで、引き出すことはできませんが、分割協議成立後に、相続人全員の合意を証明できる書類と、被相続人の戸籍関係の書類を提出すると引き出すことができます。
株などの有価証券やゴルフの会員権は、それぞれの会社から、評価証明書を発行してもらいます。
これらの評価額は、被相続人が亡くなった時点での評価額が記載されたものが発行されます。