相続できる財産について

相続できる財産・相続されない財産

MENU

相続できる財産

相続財産になる財産の範囲はどの様なものなのでしょうか?
遺産分割の前に相続財産になるものとそうでないものを知っておく必要があります。
民法第896条は

「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」
としています。

すなわち、相続とは被相続人から相続人に対して、被相続人の有していた“一切の権利と義務”が引き継がれます。
基本的に、権利はプラスの財産を指し、義務はマイナスの財産を指します。
プラスの財産とは現金預金、動産や不動産、株や社債などの有価証券、などのことで、マイナスの財産とは金銭債権などのいわゆる借金の事です。

反面、相続されないものが“一身専属的な権利”です。
具体的には、生活保護の受給権や障害者手当の受給権などといった「その人だけのために与えられた権利」のことです。
これらの権利は特定人に専属し、他の者に移転しないため相続の対象とはならず、被相続人が亡くなれば権利も消滅します。

被相続人の財産にどのようなものがあるのかが分からなければ遺産分割の話し合いは先に進みません。
専門家に財産目録などを作成してもらい、遺産がどのようなものかを把握するよう努めましょう。
まずは遺産知識をしっかりと身につける事が大事です。